乾燥など年齢肌が気になる大人の女性のために、洗う、潤す、守る、導くという4段階のケアで、潤いに満ちたハリ、ツヤ、透明感を与えるエイジングケアを目指すセルフューチャーシリーズ。そんなシリーズからセルフューチャーUVジェルという強い紫外線から肌を守るクレンジング不要の日焼け止めを紹介しています。

 

 

セルフューチャーUVジェルで紫外線から思いっきり肌を守る!

セルフューチャーUVジェルの良さを叫ぶ女性

 

セルフューチャーUVジェルは、SPF50+とPA++++で紫外線から受ける肌へのダメージから徹底的に守ってくれる日焼け止めです。クリームや乳液タイプの日焼け止めは、重く感じたり、白浮きしてしまったりすることが多いですが、セルフューチャーUVジェルは、ダマスクローズとユーカリオイルをブレンドしたアロマの良い香りのするジェルタイプなので付け心地も軽く、クレンジングせずに普通の洗顔料で落とせばOKなので手間がかからずとても便利です。しかも肌が喜ぶ美容成分がたっぷり入っているので簡単なスキンケアにもなりそうで、時間のない日々を過ごす主婦やOLには有り難い存在になりそうですね。

 

こう聞くとセルフューチャーUVジェルって良いことばかりで最高と感じる反面、SPF50+とPA++++はトップレベルで紫外線をブロックしてくれるけど、肌が敏感という人たちには刺激が強くて使えないのではと考えてしまうかもしれません。SPF値の高い日焼け止めには紫外線吸収剤が使われることが多く、以前はダメージが多かったようですが、現在は技術が進歩したことによってダメージを受けることはかなり減ったそうです。

 

ちなみにセルフューチャーUVジェルはどうかというと、肌への負担をできるだけ抑えるべく9種の美容成分を配合し、7割以上がスキンケアに使える美容成分となっているので、刺激の度合いは非常に低く、肌へのダメージを減らしてくれます。

 

 

セルフューチャーUVジェルの使い方

セルフューチャーUVジェルでお手入れした女性

 

また、このジェルは水を基本に作られているので、クレンジングをすることなく、よくある普通の洗顔料で落とせるそうです。わざわざクレンジングをしなくてもいいというのはひと手間減るので嬉しいですね。でも、この上にファンデーションやメイクを施した場合は、クレンジングでしっかり汚れを落とす必要があるそうです。

 

最後にセルフューチャーUVジェルは、使うタイミングについて。、セルフューチャーシリーズのものを使えばより良い感じになるかもしれませんが、先に化粧水や美容液などでいつもやってるスキンケアをします。その後、UVジェルを額、頬、鼻、顎に付けて顔全体によく伸ばしていきます。それからシルキーカバーオイルブロックというような化粧下地などを使うようにしてください。

 

もっとよく知りたい方はセルフューチャーのホームページをご覧になってください。

 

 

セルフューチャーUVジェルの商品情報

【商品名】
セルフューチャー UVジェル(CELL FUTURE UV Gel)
【ブランド名】
CELL FUTURE(セルフューチャー)
【メーカー】
アプロス株式会社
【主成分】
水,シクロペンタシロキサン,酸化亜鉛,カプリリルメチコン,DPG,PEG−9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン,酸化チタン,ジエチルヘキサン酸ネオペンチルグリコール,ジメチコン,ポリメチルシルセスキオキサン,PEG−9ジメチコン,ソルビトール,PEG−10ジメチコン,ペンチレングリコール,キハダ樹皮エキス,グリセリン,ザクロ果実エキス,イチゴ果実エキス,ユズ果実エキス,ヒアルロン酸Na,プラセンタエキス,アーチチョーク葉エキス,セリシン,ポリクオタニウム−51,加水分解コラーゲン,グリチルリチン酸2K,ヒドロキシプロピルキトサン,カルボキシメチルキチン,ホホバ種子油,ユーカリ葉油,トリエトキシカプリリルシラン,ポリグリセリル−3ポリジメチルシロキシエチルジメチコン,硫酸Mg,ハイドロゲンジメチコン,含水シリカ,イソステアリン酸,ジステアルジモニウムヘクトライト,セスキイソステアリン酸ソルビタン,BG,コーン油,エタノール,トコフェロール,テトラヘキシルデカン酸アスコルビル,フェノキシエタノール,ダマスクバラ花油,マイカ,水酸化Al,カロチン
【内容量】
40g(約2ヶ月分)
【通常価格】
3,300円(税込)